顔を小さく見せると女性らしい可愛い印象になります。

この事はよくわかっていても骨格は生まれ持った形や大きさがあって、骨ですから変形させる事が出来ないと思われています。



ですから無理に小顔にしようとする人はあまりいませんが、どんなに顔が大きくてもむくみを取る事によってある程度シャープにする事は出来ます。


骨を覆う皮膚には意外な程に余分な水分が含まれていて、それがむくみとなって顔を大きく見せています。ですから水分の排出が上手くいくように対策をしておく必要があります。小顔になりたいのであれば、顔だけに集中したケアではなく、むくみ解消として身体全体の事を考えたケアが必要になります。

まず代謝機能が重要ですから、身体を冷やさないように心掛けましょう。

身体を温めるには入浴をしっかりして、適度な運動で筋肉を蓄えておくのも大切です。



筋肉は体内の熱を作っていますから、身体の筋肉はもちろん、表情をたくさん変えるようにしながら表情筋も鍛えるようにするとより効果的です。



小顔を実現するにはメイクの方法も大きく関係してきます。

凹凸がない平面の物体は大きく見えて、凹凸のあるものは小さく見えるという視覚のからくりを意識してメイクをしていくと良いでしょう。

これにはシェーディングやハイライト、さらにチークの位置やカラーにこだわると良いでしょう。

明るい色と暗い色のさりげないコントラストによって顔に凹凸を出していく事が出来ます。